ロッテ鈴木大地オールスター出場決定!6月の月間MVPも・・・

こんばんわ、SHUJIです。

鈴木大地はオールスターに過去4度出場しています。

2013
「監督・コーチに開幕から試合に使ってもらった結果、オールスターに出ることが出来たと思っているので、まずは感謝の気持ちです。個人的には守備につくことを凄く楽しみにしています。」

2014
「監督・コーチに開幕から試合に使ってもらった結果、オールスターに出ることが出来たと思っているので、まずは感謝の気持ちです。個人的には守備につくことを凄く楽しみにしています。」

2015
3年連続出場

2017
「昨日、友達からメールがありました。『今日、WE AREをするの?』って。みんな期待していますよねえ。やりたいですねえ……」
「みんなあんなに前向きに賛同してくれて嬉しいです。絶対に勝ちたいですね。『WE ARE』したいですね。ファンの皆さんがどんな反応をするか見てみたい。絶対に盛り上がりますよ」

マリーンズ公式サイトより

2019オールスター監督推薦で出場決定

監督推薦で選ばれた鈴木大地

オールスター選ばれた3人の画像貼る本日、オールスター出場が決まりました。選んでくれた辻監督に感謝ァ!
もちろん選ばれる成績を残した大地にありがとうと言いたいです。

ロッテから荻野貴司外野手(33)鈴木大地内野手(29)二木康太投手(23)の3選手が、12日(東京ドーム)、13日(甲子園)で行われる「マイナビオールスターゲーム2019」に監督推薦で選出された。
荻野は今季はオープン戦で調子が上がらず、開幕スタメンこそ逃したが、徐々に調子を上げ1番に定着。リーグトップの打率3割3分6厘、リーグ3位の17盗塁の成績を残し不動のリードオフマンとしての役割を果たしている。昨季も監督推薦で選出され初出場する予定だったが、で辞退していた。
鈴木は今季、レアードの加入で開幕戦では出番がなく連続試合出場も532で止まった。しかしケガ人や調子の上がらない選手の穴を埋め、内野全ポジションに加え、左翼を守るなど、ユーティリティーな活躍を見せている。今季のチームのサヨナラ打3本全てを放つなど勝負強さも際立つ。交流戦では12球団で2位タイとなる打率3割6分8厘、17打点の成績を残し日本生命賞を獲得した。
二木は開幕ローテ入りは逃したが、4月6日に今季初先発するとここまでチームトップの5勝。登板13試合で7度のクオリティースタート(6回以上を投げ、自責3以内)を記録するなど安定感抜群だ。6月21日には球団4500勝の節目で勝ち投手となった。

ロッテ荻野、鈴木大地、二木が監督推薦で球宴

開幕戦は出場なしだった

今シーズン、全力で取り組んできました。

開幕戦出場なし、悔しい思いをしました。
3度のサヨナラ、ファーストやレフトの守備などいろんなことにチャレンジしてきました。

常に先頭に立って毎日やれることを全力でやる。そして結果を残しました。オールスターは5度目ですけど、感慨深い選出になったと思っています。

大地も公式ホームページで以下のコメントを残しています。

「本当にありがたいです。選んでいただき感謝しかありません。今年スタートした時はオールスターに出場できるとは思ってもいなかったので、本当に感謝しています。出場するからにはしっかりと準備して、良いパフォーマンスを出せるように精一杯頑張ります。」

「マイナビオールスターゲーム2019」二木投手・鈴木選手・荻野貴選手が監督推薦で選出!!

6月の月間MVPも最有力候補

そんな大地ですが6月はリーグトップの打撃成績を残しました。

  • 打率:.344(2位)
  • 本塁打:7(1位)
  • 打点:21(2位)
  • 安打:32(2位)
  • RC:22.94(1位)

打率4位、本塁打1位、打点2位、安打2位、RC1位の好成績を残した大地。
もちろんパリーグで一番良い成績を残した6月となりました。

後半戦。まずはオールスターまでこの調子を維持してもらって、オールスター明けにはプロ入り通算1,000試合出場も迎えるので、今シーズン素晴らしい活躍をこれからも期待し、ずっと応援していきます!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事